ハイヤー予約時のオペレーターについて

ハイヤーを取り扱っている会社では、どうしても専属ドライバーが注目を集めがちです。確かに専属ドライバーは、その業界の中では花形かもしれませんが、専属ドライバーが輝けるのは、それ以外のスタッフも陰でお客様を支えているからなのです。ハイヤーを利用する側からすればなかなか目に付きにくい部分ですが、今回はその中でも予約時などにお客様と接するオペレーターについて紹介します。このオペレーターがどのような役割をこなしているのかを知ることで、また違った形でハイヤーを利用できるでしょう。

まず、ハイヤーの予約についてですが、多くの会社は二通りのパターンを取っています。まずはインターネット上で予約できるシステムを構築しているということが挙げられます。時間がない人などは、このインターネット上で予約できるという点はありがたいものですが、ハイヤーを利用するにあたって、細かい部分はなかなかインターネット上では予約しづらい部分もあります。

そこで出てくるもう一つの予約方法が、オペレーターによる予約方法です。今では24時間オペレーターを常駐させている会社も出てきているほど、このオペレーターを利用しての予約は重要な役割であると言えます。それではなぜ、このオペレーターを利用しての予約方法が重要視されているのでしょうか。

それは、インターネット上だと細かい部分の予約や状況が確認しづらいというデメリットがあり、オペレーターであればその場で提案や解決といった形で問題を解決できるという点が挙げられます。例えば、スケジュールを決める際でも、インターネット上では細かい時間指定ができない場合もありますが、オペレーターであればそのお客様の状況をくみ取り、細かなスケジュールを決めることができます。

そして、オペレーター業務を行う中で最も大事な部分が、お客様から受けた内容を親身になって対応するということです。最終的には専属ドライバーがそのお客様と接するわけですが、一番最初にそのお客様に接するのはオペレーターです。このオペレーターが受けた状況を専属ドライバーは受け取り、その内容を元にして当日お客様に接しているのです。従って、オペレーターの最初の対応で、そのお客様が満足できるサービスを受けられるのかどうかが決まってしまうと言っても過言ではありません。このオペレーターは、お客様と直接顔を合わせて接することはありませんが、当日のサービス内容を左右する重要な立ち位置の存在となるのです。