ハイヤー専属ドライバーのメンタルケアについて

ハイヤーだけではなく、電車やバスなどの公共交通機関を運転する人や、タクシーを運転する人など、さまざまな人が乗り物を操作しています。人が操作しているということは、100パーセント安全ではないということなのです。もちろんできる限り100パーセント安全な乗り物にしなくてはいけない以上、努力を怠ってはいけませんが、やはり100パーセント安全な乗り物にすることは難しいです。しかしながら、安全な乗り物に最大限近づけることを目指して研修やトレーニングを行い、1パーセントでも安全性を高めることは決して不可能ではありません。それでは、安全性を100パーセントに近づけるために、各社ではいったいどのような取り組みを行っているのでしょうか。その取り組みについて、具体例を紹介します。ハイヤーをこれから利用される方が、理解を深めるきっかけになるでしょう。

ハイヤーを取り扱っている各社では、運転技術や知識以外にも安全性を高める研修を行っています。それが具体的にはどのような研修なのかイメージすることができるでしょうか。冒頭にもお伝えした通り、ハイヤー以外の乗り物も基本的には人が操作します。人間である以上、その日のコンディションの変化やメンタルといった部分は運転にも大きな割合で反映されます。

そのようなことから、ドライバーの研修の中では、メンタルを強化する研修も重点的に行われています。その中でも分かりやすい研修は、いつでもどこでもドライバーが現場で不安に感じたことなどを受け付けられる環境を設けることです。この不安要素をその場で解決することで、長期間にわたってメンタル的に不安要素を持つことが回避できます。落ち着いて業務に集中することにもつながり、安全性を高めるという効果をもたらします。

また、交通事故のほとんどは人によるミスでそれ以外のミスは少ないです。事故を起こしてしまった以上、ドライバーのメンタル的な部分は相当な傷を負ってしまいます。会社だけではなく、お客様や関係のない人までを巻き込んでしまった場合は、なおさらです。その精神状態は危機的状況となってしまい、そのような状態での業務は更なる事故を起こしかねない状況となります。

従って、その精神状態を元の正常な状態に戻すためにも、メンタルヘルスマネジメントと呼ばれる取り組みを行っています。これは実際にドライバーの健康状態や日常生活、労働環境なども改めて色々な観点からマネジメントを行うことで、少しでも早くそして正常な精神状態に戻すための取り組みです。