水疱性角膜症について

水疱性角膜症という眼の疾患が在ります。この疾病ですが、角膜の内側の細胞が弱い人が罹ることが多いです。眼が何らかのダメージを受けた場合、角膜が腫れて水泡が出て来るのが典型的な症状となっています。この疾病は、主として高齢者が罹り易くなっています。視界に、霧が掛かったような「ぼんやりとした感じの見え」が特徴的であり、眼科医で緑内障の治療を受けた際にもこの疾病等に罹るリスクが在るのです。

水泡性角膜症ですが、角膜が濁ったりする場合が在り、この状態にあればかなり好ましくない状態と言っても過言ではありません。この疾患に罹ってしまったら、内皮細胞を移植するといった大掛かりな手術をしなければなりません。ですが、角膜移植によって克服できる場合もあります。最先端医療においては、角膜を人工培養させてそれを注射する事によって、治癒することが可能な場合もあります。最先端医療のため手術費用は高額となっていますが、手術の時間が短縮されるという利点が在ります。

水泡性の角膜症ですが、視力低下だけでなくて眼に痛みが伴います。また、眼科医での白内障あるいは緑内障の手術の際にレーザーを使用した際に罹り易いとされているので、眼科医で事前に入念な打ち合わせをした上で手術をした方が良いでしょう。