安全性を高めるハイヤー各社の研修

ハイヤーを利用するにあたって一番重要なことは、安全への取り組みの姿勢です。会社ごとでその取り組み方は多少異なるものの、どの会社も、いかに安全性を高められるのかということに関しては非常に慎重になっている部分です。そんな安全性ですが、各社では具体的にどのような取り組みを行っているのでしょうか。実際にハイヤーを利用する私達にとって、安全性は非常に重要な部分ですので、取り組みの内容については知っておきたいところです。実際に行われている、安全性を高める研修内容の一部を知ることによって、今までより更に安心してハイヤーを利用することができるでしょう。

まず安全性という部分では、専属ドライバーの運転技術は非常に重要なポイントです。日頃の業務の中では、運転技術を向上させることはなかなか難しいものです。改めて運転技術の研修を行うことで、普段では培えない運転技術が身に付きます。具体的には、サーキット場を使って、運転のプロでもあるインストラクターから高い運転技術、そして正確なハンドル操作のコツなどをレクチャーしてもらいます。実践を繰り返し行い、日常の業務中に万が一のことがあっても、瞬時に判断できるだけの運転技術を養います。

また、運転技術と同様に大事な部分があります。それは危険をいかに予測できるかという能力です。一般的にはこの能力を危険予知能力と呼びますが、この危険予知能力は、トレーニングを積めば、誰でもある程度向上させることができます。ハイヤーの専属ドライバーについても、このトレーニングについては多くの時間を費やしています。具体的には、こちらのトレーニングもインストラクターを招き、実際の映像を用いて、ドライバーになったつもりでレクチャーさせることで様々な事故のケースを頭に入れます。そして、実際に同じようなケースになった時にとっさに回避できる能力を養います。

この危険予知能力のトレーニングは、その名前の通り危険をいち早く予測し、1件でも多くの事故を減らす為のトレーニングです。どのようなケースが危険なのかということを、事前に映像で確認しておくことで、そのドライバーの記憶に残り、危険を予知する能力を向上させるのです。

これらは、ハイヤーを運転するドライバーが、安全性を高めるための研修内容の一部分です。この他にもまだまだ安全性を高める研修を各社では行っています。車を運転してお客様を乗せるからには、絶対にそのお客様を最初から最後まで安全に目的地まで移動させなければならない、という本来の目的については共通しています。